地域マネージメントのプラットホーム





北海道メモリー 【撮影:敷田麻実】

地域再生・地域づくりのための「地域マネジメント」の研究

理系の方法論と文系の考え方を融合した新しい地域づくり、地域マネジメントが研究テーマです。

特に、地域づくりのための組織、「地域プラットフォーム(中間システム)」や地域資源を有効活用するエコツーリズムなどの地域資源戦略、また地域の人材育成をテーマにしています。「研究」するだけではなく、研究結果や理論・モデルを使って、実際の地域づくりにも参加・支援します。

お知らせ

  お知らせ  2016年1月から下記の大学院大学に異動しました。
  北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科
  〒923-1292 石川県能美市旭台1-1 (直通)0761-51-1712 
    メールは今までのアドレスでも、このHPからでも受け取れます。
Academic
What'new
廃棄物資源循環学会の『廃棄物資源循環学会誌』に「観光立国に向けた展望と課題―環境問題の観点から―」を発表しました。ページ下部からメールでお問い合わせ下さい。
私の文献整理法のページを試作しています 

最近のトピック

  • 2016年1月1日[表彰]
    第5回知識共創フォーラムで発表した「地域資源の戦略的活用に対する知識マネジメントの役割」が「優秀論文賞」に選ばれました。受賞決定と受賞理由についてはこちらをご覧下さい。
  • 2015年12月4日[研究発表]
    北海道開発協会 第11回助成研究発表会『北海道の歴史・文化と観光』において『「観光による農村と都市との創造的関係の構築に関する研究」~ワインツーリズムの事例分析を通して~』を発表しました(共同発表者:八反田元子)。
  • 2015年11月25日[雑誌冊子記事執筆]
    雑誌『地方財務』の2015年10月号に「地域おこし協力隊の姿-隊員、市町村、地域それぞれの目線から(下)」を発表しました(著者:敷田麻実・沼倉瞳・今井太志)。 9月から3回の連載が終わりました。
  • 2015年11月22日[学会発表]
    野生生物と社会学会(沖縄大会)において『資源利用の複雑化による生態系保全:アカモクの価値創出の分析』を発表しました(発表者:宮下健太郎)。
  • 2015年11月22日[学会発表]
    野生生物と社会学会(沖縄大会)において『観光資源化する野生動物との新たな関係:世界遺産知床におけるヒグマ問題(趣旨説明)』を発表しました。
  • 2015年11月16日[コーディネーター]
    マッチングハブ2015(北陸先端科学技術大学院大学主催)において「観光と地域間交流」のセッションをコーディネートしました。
  • 2015年10月25日[雑誌冊子記事執筆]
    雑誌『地方財務』の2015年10月号に「地域おこし協力隊の姿-隊員、市町村、地域それぞれの目線から(中)」を発表しました(著者:今井太志・敷田麻実・沼倉瞳)。
  • 2015年10月15日[雑誌冊子記事執筆]
    2015年10月号の雑誌『青少年問題』660号に「地域におけるよそ者からの学び」を発表しました(著者:敷田麻実)。
  • 2015年9月18日[雑誌冊子記事執筆]
    雑誌『地方財務』の2015年9月号に「地域おこし協力隊の姿-隊員、市町村、地域それぞれの目線から(上)」を発表しました(著者:沼倉瞳・今井太志・敷田麻実)。
  • 2015年9月14日[講演]
    石川県金沢市の石川県立美術館ホールで開催された『平成27年度「ほっと石川おいであそばせ」運動_ホスピタリティ向上講演会』において「地域資源イメージ戦略~新幹線時代のおもてなしとは~」について講演しました。
  • 2015年7月30日[学会発表]
    5th International Wildlife Management Congress』で、「The Contribution of Biodiversity to the Creation of Contemporary Culture: Quantitative Analysis of Pokemon」を発表しました(発表者:Kentaro Miyashita)
  • 2015年7月20日[雑誌冊子記事執筆]
    野生生物と社会学会の『Wildlife Forum』誌に、「「生物文化多様性」:生物と文化の多様性を考えるバイラテラルアプローチ」を発表しました(発表者:敷田麻実)。お読みになりたい方は、このページ下部からお問い合わせ下さい。
  • 2015年7月10日[論文]
    廃棄物資源循環学会の『廃棄物資源循環学会誌』に「観光立国に向けた展望と課題―環境問題の観点から―」を発表しました。 お読みになりたい方は、このページ下部からメールお問い合わせ下さい。
  • 2015年7月5日[パネリスト・発表]
    斜里町で行われた知床世界自然遺産登録10周年記念行事、『NHK×環境省×斜里町 知床世界遺産セミナー』の第2部で、「森~川~海をつなぐ知床世界遺産10年の歩み 科学委員会からの報告」が行われました。科学委員会の他のWGの座長と「科学で語る知床世界自然遺産の10年とその未来」について議論しました。
  • 2015年5月28日[国際シンポ発表]
    金沢市で開催された国際シンポジウム『ユネスコ創造都市ネットワーク会議記念イベント 石川―金沢生物文化多様性圏-豊かな自然と文化創造をつなぐ「いしかわ・金沢モデル』で、「分野を越境する生物文化多様性アプローチ ーいしかわ・金沢モデルの提案を発表しました。
  • SHIKIDA Asami(2015)ntroduction of Ishikawa-Kanazawa Model- Inter Disciplinary Biocultural Approach, Presentation at [UNU-IAS OUIK International Symposium Marking UNESCO Creative Cities Network Meeting KANAZAWA]
  • 2015年3月27日 [学会発表]
    北海道大学で開催された第126回日本森林学会大会の『T12 国際認定は地元を豊かにしたのか -世界自然遺産、エコパーク、世界農業遺産、ジオパークの定量・定性的分析事例から-)』で「世界自然遺産制度による地域資源ガバナンスの分析」を発表しました。
  • 2015年3月27日 [Web掲載]
    北海道大学の高等教育推進機構 高等教育研究部に設置されている科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)の特設サイト『CoSTEP10年のあゆみ』に「コミュニケーションから共有へ」が掲載されました。
  • 2015年3月23日 [Web掲載]
    北海道大学の『研究シーズ集Vol.2』に「資源活用のための戦略的プラットフォーム」の研究が紹介されました。
  • 2015年3月15日 [講演]
    北海道斜里町で開催された『地域資源を生かしたまちづくり・人づくり』で「知床における地域資源活用戦略」について講演しました。
  • 2015年3月8日 [表彰]
    金沢市で開催された『第5回知識共創フォーラム』で発表した「地域資源の戦略的活用に対する知識マネジメントの役割」に対して『能美市長賞』をいただきました。
  • 2015年3月7日 [学会発表]
    金沢市で開催された『第5回知識共創フォーラム』で「地域資源の戦略的活用に対する知識マネジメントの役割」を発表しました。(発表者:敷田麻実)
  • 2015年2月28日 [講演、シンポジウムパネリスト]
    観光まちづくりシンポジウム~地域資源のマネジメントを学ぶ~in 北海道 長万部町 に参加し講演し、他のパネリストと議論しました。地域の資源を生かすまちづくりの戦略を参加者と共に考えました。
  • 2015年2月5日 [講演]
    幕別町で開催された湿原研究所主催した『第 42 回湖水地方 湖水地方 湖水地方 講座 「グローバル化時代の地域づくり 』において「地域資源の効果的活用で地域を豊かにする道すじ」について講演しました。
  • 2015年1月20日 [講演]
    札幌市で開催された『地域おこし協力隊研修・交流会』(北海道庁主催)で「よそ者による地域おこしの可能性」について講演し、ワークショップを運営しました。
  • 2014年12月13日 [論文(従)]
    Ecological Economicsに「Determinants of trip choice, satisfaction and loyalty in an eco-tourism destination: a modelling study on the Shiretoko Peninsula, Japan」を発表しました(共著:Romao, J., Neuts, B., Nijkamp, P. and Shikida, A.)
  • 2014年12月09日 [講演]
    札幌市の札幌エルプラザで開催された『北海道環境の村エコセミナー』で「エコツーリズムと環境教育」について講演しました。
  • 2014年12月07日 [学会発表]
    大阪市大阪府立大学で開催された『日本観光研究学会第29回全国大会』で「自然環境の観光資源化プロセスと地域資源ガバナンスの形成」を発表しました(著者:敷田麻実・愛甲哲也・梅本勝博)。
  • 2014年12月07日 [学会発表(従)]
    大阪市大阪府立大学で開催された『日本観光研究学会第29回全国大会』で「地域における観光ガバナンス概念の検討」を発表しました(著者:森重昌之・海津ゆりえ・内田純一・敷田麻実) 。
  • 2014年12月06日 [講演]
    北海道大学学術交流会館で開催された『テッラ・マードレ北海道2014~大地のごはん、大地の未来~』で地域の6つの食関係団体のプレゼンテーションの講評を担当しました。
  • 2014年12月05日 [新聞冊子記事(従)]
    北海道開発協会の広報誌『開発こうほう』に「観光による農村と都市の創造的関係の構築-Integrated Rural Tourismとしてのワインツーリズム研究」が掲載されました。(敷田 麻実/八反田元子)
  • 2014年11月20日 [論文(従)]
    日本地域政策学会の『日本地域政策研究』に共著論文「農村地域の創造的地域資源利用におけるリゾート企業と地域農家の新たな関係性 : 北海道占冠村星野リゾート・トマムと農家との連携から」が掲載されています。
  • 2014年11月2日 [学会発表]
    犬山市で開催された『野生生物と社会学会』でテーマセッション「生物文化多様性による野生生物と社会の関係分析の提案:バイラテラルアプローチ」を企画しました。また、「生物文化多様性アプローチによる野生生物管理のフレームワーク」について発表しました。
  • 2014年9月17-18日 [授業担当]
    平成26年度JICA「中南米地域持続可能な地域観光開発」で「観光システムと持続可能性」について授業を担当しました。2度訪問したドミニカ共和国から3名の研修生も参加していました。
  • 2014年9月6日 [授業担当]
    北の観光まちづくりリーダー養成セミナーで「学び方を学ぶ」と「観光まちづくりの基礎」を担当しました。既に240名が終了している地域人材のネットワークをつくる「観光まちづくり」セミナーです。
  • 2014年8月10日 [基調講演]
    北海道東川町で行われた『創造農村ワークショップ in 東川町 「創造農村と文化景観ツーリズム」』で「創造農村とツーリズム:都市と農村の新たな関係を創る」について基調講演しました。
  • 2014年7月23日 [学会発表]
    大阪市で開催された『Association for Urban Creativity the 3rd conference in Osaka, JAPAN』において「Creating A New Relationship Between Urban and Rural Areas: a Biocultural Approach」を発表しました。
  • 2014年7月5日 [講演]
    観光学術学会第3回大会のフォーラム『産官学民の連携に基づく観光人材育成』において「効果的地域人材育成とは-北海道の北の観光リーダー養成事業の先進的トライアル」について講演し、議論しました。
  • 2014年6月8日 [講演]
    北海道大学の大学祭での記念講義で「地域資源戦略としての観光の可能性」について講演しました。
  • 2014年5月23日 [基調講演]
    台湾の膨胡県にある『国立膨胡科学技術大学』で行われた「2014年第二屆海洋觀光運動休閒業國際學術研討會」で基調講演しました。タイトル:trategic Community Development through Marine and Coastal Tourism でした。
  • 2014年3月1日 [コーディネーター]
    国連大学のシンポジウム、「グローバル化の中での金沢の食と生物多様性-地域の未来を金沢の食に託せるか? 」でパネルディスカッションのコーディネートをしました。
  • 2014年2月4日 [講演]
    北海道比布町で開催された『地域づくりを担う人材育成研修in上川』において「地域おこし協力隊と受け入れ自治体の担当者の皆さんに、「地域づくりのヒント:地域資源の活用とゆるやかな専門性」というテーマで講演し、ワークショップを実施しました。
  • 2014年1月31日 [セミナー発表]
    北海道大学の環境科学院で開催されたセミナーで講演して意見交換してきました。テーマは「生物文化多様性の視点で考える都市と農村の関係」でした。院生の皆さんと意見交換ができました。
  • 2014年1月
    北海道大学のシラバスコンクールで担当している「サステイナブルツーリズム論演習 」が推薦科目に選ばれました。シラバスの改善に役立てるため,、平成25年度の北大の学部・大学院科目から選ばれたものです。
  • 2013年12月8日 [学会発表]
    神奈川県厚木市の松蔭大学で開催された「日本観光研究学会第28回全国大会」で「地域還元を創出する着地型観光の可能性-長崎県佐世保市黒島の着地型ツアーの事例分析-」を発表しました。
  • 2013年11月29日 [学会発表]
    兵庫県篠山市で開催された(野生生物と社会学会 第19回学会講演要旨集に)「「生物多様性と文化多様性の相互作用:野生生物と社会をつなぐ「文化」を考える」」を発表しました。
  • 2013年11月14日 [学会発表]
    仙台国際センターで開催された「第一回アジア公園会議(The first Asia Parks Congress)において「Implications for Participatory Park Management: Designing Local Ecotourism through the Ecotourism Strategy in Shiretoko」を発表しました。
  • 2013年10月8-12日 [海外協力]
    ドミニカ共和国プエルトプラタ市で進められている国際協力「観光まちづくり事業」(官民協力による豊かな観光地域づくりプロジェクト)に専門家として派遣されて現地調査してきました。 滞在記録はこちら
  • 2013年10月4日 [研究会]
    EPO北海道での協働のかたち研究会 「どう進める?パートナーシップによる地域の環境保全」に参加し、知床世界自然遺産の海鳥ケイマフリの事例についてコメントました。
  • 2013年9月21日 [講演]
    2013年度が6年目の観光地域マネジメント人材育成セミナー、通称「北の観光リーダー養成セミナー」の開校式に参加、開講の講話をしました。
  • 2013年9月
    オランダ滞在日誌はこちら。
  • 2013年9月14-16日 [WS]
    客員教授をしている国連大学高等研究所で、ワークショップ、「シャレット」を実施しました。 8大学から専門の異なる大学院生が集まって、金沢で「生物文化多様性」について政策プランをつくりました。
  • 2013年8月5日 [研究会]
    客員教授をしている国連大学高等研究所で担当しているプロジェクト『都市と生物多様性』の第4回研究会を開催しました。生物文化多様性から、年と都市周辺部(農山漁村)の新たな関係性を考えます。研究会で自然環境と文化の関係モデルについて議論しました。 
  • 2013年6-7月
    オランダにあるアムステルダム自由大学との交流のためにアムステルダムに滞在しています。 【ちなみに アムステルダムの天気予報】 【オランダ滞在日誌
  • 2013年5月30日 [コーディネート]
    国際ワークショップを開催しました。内容はこちらです。今回は知床の「観光地域マネジメント」というテーマで、ジョアオ・ロマオさん(アムステルダム自由大学研究員)を迎えて、同じく知床での調査を進めてきた農学研究院の愛甲さん、庄子さんの発表も交えて、環境保全と観光さらに経済的な側面からの議論をしました。報告はこちら
  • 2013年5月27日 [講演]
    幕張にある市町村アカデミーで『観光戦略の実践と地域ブランドの創造①~集客交流プランと地域活性化~』研修コースで、市町村職員の皆様に「観光と環境保全の両立」を授業しました。
  • 2013年5月8日 [講演]
    北海道中小企業家同友会産学官連携研究会HoPEで「北の大地からの地域資源戦略」という演題で地域資源の戦略的利用について解説しました。
  • 2013年4月30日 [論文]
    日本地域政策学会の学会誌『日本地域政策研究』 11号に 「観光地域づくりによる地域再生の評価に関する研究-ドミニカ共和国プエルトプラタ県の事例 」が掲載されました(敷田・青木著 )。
  • 2013年3月10日 [コーディネート]
    客員教授をしている国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニットでの『都市と生物多様性(CAB)研究プロジェクト』公開シンポジウム』でコーディネーター担当しました。本シンポジウムでは自然環境と文化の相互関係を説明する「生物文化相互作用系」をキーワードに、新たな視点から都市と農山漁村の創造的相互関係について議論しました。こちらにHP、フライヤーはこちらです
  • 2013年3月1日 [会議]
    羅臼町で開催された「適正利用・エコツーリズム検討会議」に参加しました。『知床エコツーリズム戦略』がまとまり、4月1日から完全実施となりました。この戦略は、これからの知床半島の観光やエコツーリズムを大きく変えることになる潜在力を持っています。
  • 2013年1月31日 [パネリスト]
    八戸市で行われた「三陸復興・種差海岸国立公園化推進シンポジウム」でパネリストを務め、種差海岸の観光と環境保全についてコメントしました。
    種差海岸は2013年5月に「三陸復興国立公園」に指定される予定です。八戸市内から車で20分という至近にあるすばらしい海岸です。
  • 2013年1月25日 [講演]
    北海道スタンダード研究会 第5回勉強会で「地域づくりとプラットフォーム」について講演しました。
  • 2013年1月13日 [支援]
    北の観光リーダー養成事業の札幌会場が閉講しました。今年度も充実したセミナーとなり、札幌では34人が修了しました。受講生のみなさん、半年間ご苦労様でした。これからはきたかんネットでの活躍を期待しております。